近年、人工知能ブームですよね。でも、実はこの人工知能ブーム第三次のブームなんです。今日は、私の専門でもある情報分野について少し書いてみましょう。


第一次 人工知能ブーム

世界で初めて人工知能という言葉が使われるようになったのは、1956年ごろと言われています。
米国ニューハンプシャー州にあるダートマス大学での会議に集まった研究者たちが、「Artifical Intelligence」という用語を使いはじめたことがきっかけで、Artifical Intelligence(人工知能)の頭文字をとってAIと略される事はご存知ですよね。ちなみに、歌手のAIは鹿児島出身なので応援している好きな歌い手の一人です。彼女のお母さんも鹿児島ではローカル番組に出演する人気者なんですよ。
それはさておき、その後1960年代〜、最初の人工知能ブームがスタートし、ある限られたの条件の元では、人間と機械のやりとりが可能になっていき、簡単なパズルや将棋・チェスなどゲームプログラムも試作されるようになりましたが、当時は思考アルゴリズムの実現が技術的に難しく、1970年代になると人工知能の熱は冷めてゆきました。

第二次 人工知能ブーム
1980年頃になると、パーソナルコンピュータの出現やデータベースというシステム環境も相まって、二度目の人工知能ブームが起こります。情報の蓄積と人間の判断アルゴリズムをプログラム化することによって、専門家が行う様な判断をコンピュータで行う研究も盛んに行われましたが、専門的知識をプログラム記述に置き換える作業は、感覚的な部分も含めて非常に困難であったため、次第に下火になって行きました。


第三次 人工知能ブーム
そして現在、第三次人工知能ブームの真っ最中です。何かにつけAIは出て来ますよね。スマホの登場やコンピュータの普及、そして、処理装置の高速化といったハード面の進化、インターネットによるビッグデータ共有の実現などに裏付けられた、「機械学習」とくに「ディープラーニング(深層学習)」によって、人工知能はもう別の次元の存在となりつつあります。現在のブームは、「ディープラーニング」によってもたらされましたが、これは、多層構造になったニューラルネットワークを利用した機械学習のことで、プログラムが経験を積む事を可能にした大きな発明でした。その結果として、将棋や囲碁やチェスやオセロと言った頭脳ゲームの世界ではプログラムが人間を席巻し、それらの世界では人間が勝利することは難しい次元になりました。そして、このブームはこの先も続き、2045年には人工知能が人の知能を超える「シンギュラリティ」が到来すると考えられています。

食とAI

人工知能が最適解を用意する未来において、私達が最も重視して今から準備するべき課題として、食の問題があります。人工知能は世界中のビッグデータと照合して、オーナーの健康状態にマッチした食材の提案を行う様になります。これは一見素晴らしい未来のように見えますが、問題は、その参照データがどこなのかという事。つまり、糖質制限で健康を著しく改善した私の様な事例があっても、人工知能は少数派としてしか認識せずに、従来の間違った医療データを正解とする結果、糖尿病を含む生活習慣病は増え続ける可能性が十分にあるということです。これは、とても危険なことだと考えています。私が、このブログで書かなくても良さそうな個人的な情報までつぶさに書いているのは「AIに情報を拾ってもらう為」という未来に向けた作業でもあるのです。これをご覧になった糖質制限で健康を維持されている方々には精力的にネット上への書き込みをお願いしたいです。できれば、それぞれに非公開で良いのでブログを開設して頂いて、具体的にAIが比較し易い様に事前と事後の写真を掲載して、それぞれに、「糖質制限前」と「糖質制限後」というラベルを付けて頂けるとより効果は上がると考えていますので宜しくお願い致します。

学会
6月には鹿児島で「第32回人工知能学会 全国大会」が開催されます。お近くにお住まいの方は参加されてみてはいかがでしょうか。といっても、非会員の一般聴講は26000円となかなかのお値段ですので、お気軽には行けませんけどね。予定されているプログラムを見る限りでは、将来この分野で仕事をしたい学生さんや現役の方には非常に有意義なラインナップのようです。


雑感
一応学会員(審査はあるけど基本お金払ったら誰でも学会員になれますからね)なので行ける日は参加しよう思って西田先生の日と甘利先生の日は空けてはいるのですが、参加費が高い~ テント欲しい~ シュラフ欲しい~ でも西田先生とか甘利先生とかの講義なんてなかなか聞けないし~ 悩む~ なんて言ったら両巨匠に失礼だな。テントもシュラフももう少し我慢します・・・悲喜交々。
人工知能



****************************************************************************
当ブログは ↓ の内容を知って貰いたく書いております。

糖尿病性足壊疽の切断を回避した証明写真(グロいです)

お時間ありましたら読んで頂けるととても喜びます。
*****************************************************************************