2021年6月16日 本日の鹿児島県北西部は雨後曇り。

広島大学が中和抗体を世界初!そしたら、富山大学がスーパー中和抗体を世界初!なんじゃそりゃww。遺伝子組み換えなら何をやっても世界初。mRNA型を認めた世界は、今後、無尽蔵な世界初とその実験に明け暮れ、目の眩むような膨大な税金が世界中で搾取される・・・のだろうなぁ。
さて、水曜日なので哲学記事でも。

IMG_20210606_132658


荀子
孔子の教えを根幹にしながらも、孔子の教えに批判的立場をとつた人で孟子のちょっと後の人。

性悪説
孔子が仁と礼の大切さを説いたのに対し、孟子は仁の大切さに重きを置き、荀子は礼の大切さに重きを置きました。孟子は、人は生まれながらに善なる存在であるから、きちんと学べば自然と礼も身について行くという性善説の立場でしたが、荀子は、人間の心の中なんて誰にもわからないし、行動を規制するものがなければ私利私欲に走るのが当たり前の存在であるから、礼の教育を徹底的に行う事が大切だという性悪説をとなえ、信頼のおける師匠に師事し体系的に学び、正しい作法(礼)を身に着けた大人になる事の重要性を説きました。

現実主義者
荀子という人は、徹底した現実主義者であり、社会の在り方も、実力主義で有るべきと説き、人々の人生への活力とモチベーションと社会的に必要な仕事の人不足を解消する観点から身分差別を肯定しました。科学的な目も持ち、自然現象を畏れる事も批判し、研究し社会に活かすべきとの主張から、為政者の行う占いや祈祷はまやかしてあると説いたそうです。

雑感
性善説と性悪説、人の心は見えないのて、コレを議論するのは無駄な時間ですが、日本の行政に関する関連法は性善説で、職場や教育機関でのローカルルールは性悪説でできていますよね。善と悪の定義も時代と場所で無限のグラデーションというのはわかりますが、そろそろ行政関連法も性悪説を基本にして、搾取はやめて欲しいものです。ともかく、日本の学校は礼に始まり礼に終わる‥正に荀子寄りの思想を踏襲してますね、少し感慨深い思いがしました。

青は藍より出て藍より青し