2020年12月5日 本日の鹿児島県北西部は晴れ。

寒くなりました。これからの季節は星が綺麗です。オリオンに抱かれて、師走と年始を駆け抜けましょう。

写真はフリー素材より
20201205



本日の名言

「見上げてごらん夜の星を 小さな星の 小さな光が ささやかな幸せを うたってる
 見上げてごらん夜の星を ボクらのように 名もない星が ささやかな幸せを 祈ってる」
『見上げてごらん夜の星を』歌詞より

雑感
見上げてごらん昼間の星を・・・と書くと何やら哲学的になりますが、一見、普通の事に思える「夜空の星を見上げる」という行為・・・皆様は最近いつ夜空を見上げたでしょうか。野口さんが民間のロケットでISSへ行っているので、最近は意外と夜空を見上げた人も多いかもしれませんが、それでも、日常的に夜空を見上げる人はあまり多くはないと思います。夜に、たまたまこの曲を聴くと「夜空を見上げずにはおれない」という事を思うと、この楽曲の素晴らしさに気付きます。そして、私の場合「何でもないような事が~幸せだったと思う~」という虎舞竜の曲がセットで思い出されますww。夜空を見上げるという何でも無い様な事・・・でも、夜空を見上げることを日課にすると、非常に多くの示唆に富んだ情報源であることに気付きますよ。ぜひ、皆様も晴れた日も雨の日も、雲った日も雪の日も、一夜に夜空をひと見上げいかがでしょうか。見上げすぎてUFOにアブダクションされるのだけはお気をつけ下さい♬  ちなみに「名も無い星」ってあるの?っていう疑問ですが、星の輝きによってα星とかβ星というラベリングがされますが、そういう意味なら、地球上から観測されている全ての星に名前がありますが、実際に固有名を持つ星は明るい星(1等星、2等星、3等星)位です。オリオン座は和名では三連星(みづらぼし)とか竹継ぎ星(たけつぎぼし)とか親孝行星(おやこうこうぼし)とか呼ばれることもあるそうですよ。興味のある方はググってみて下さいね。