2020年8月21日 本日の鹿児島県北西部は快晴

外が暑いので室内でクーラー・・・・冷えすぎに気をつけましょう。
透析回避食の研究もおよそ一か月になりますが、糖質制限とタンパク制限を両立できる方法にやっと辿り着きました♬

現在の体調

脂質を減らして以来下痢は少なくなりましたが、今週から始めた食材に伴い、脂質量も再増量しても下痢にならなくなりました。全身の浮腫みは特段の改善はなし、薬の副作用と思われる全身の痒みもアリ。8/17に昼に著しいエネルギー不足を感じて全身のダルさを感じましたが、食事後に改善。安静に努めていますが、余りに動かないもの逆効果のようなので、食材の買い出しの際に多めに歩く感じ。体温は36度前後、血圧は135/75(62)。


現在の食事
1600kcal以上のエネルギー摂取をしながら、タンパク制限(20g以内/日)、糖質制限(60g/日)の両立を目指して来ましたが、脂質の多さで下痢をすることで著しいQOLの低下を招き、脂質を減らしたことで一日のエネルギー摂取が1100~1300kcal程度まで落ちていました。その結果として、8/17に空腹感、脱力感、倦怠感が発生、計測していないので分かりませんが、糖新生の駆動により高血糖状態が発生した可能性、アシドーシスが発生した可能性を感じました。現在は、8/17に仕入れた食材の利用によって一日のエネルギー摂取1800kcal前後をキープして、空腹感も無くなり、下痢もなく良い状態で推移していますので、糖質制限+タンパク制限の完成形とも言える食事が出来ていると思います。

脂質との親和性の高い食材
今回見つけたのはトップバリュの「お米のかわりに食べる カリフラワー」と「お米のかわりに食べる 6種の彩り野菜」です。ココイチの低糖質カレーを食べていた際にヒントを貰い、カリフラワーライスの市販品を検索して見つけました。私の居住地にはイオン系列店舗がないので、8/17に鹿児島市に行った際に購入。一袋250円程で300g入り。一食150gでタンパク質1.8gで糖質2.1g、15gのオリーブオイルと15gの無塩バターでしっかり目に炒めると、かなり美味しいバターライスが出来上がります。三食摂取で脂質も90g摂取できるのでエネルギー量の底上げに成功し、しかも、この5日間下痢には一回もなっていないので、脂質メインで糖質制限とタンパク制限を行う場合の鉄板アイテムだと判断しています。後は、食事のトータルとしてアミノ酸スコア100に近づけるのが課題ですが、色々試そうと思います。

IMG_20200820_081218
IMG_20200820_081443
IMG_20200820_082033
IMG_20200820_082058

作成例
IMG_20200820_075645

作成例
IMG_20200821_075815

作成例
IMG_20200820_190140

今日の献立
20200821resipi

上記食事内容による栄養の過不足
20200821kabusoku


雑感
とにもかくにも、カリフラワーライスと6種の彩り野菜の炒めた食感は「チャーハン」に酷似してとても美味しいです。少しバター多めでもリゾット風で美味しく頂けるので、脂質からエネルギーを摂取するには非常に適しています。オリーブオイルとえごま油で炒めても美味しいですが、個人的にはバターも入れるのがお勧めです。数値上は飽和脂肪酸の数値が上がってしまいますが、バターのような良質な油ならいいかなと思っていますが、次回の血液検査で中性脂肪が跳ね上がるようなら又再考しようと思います。ただ、この食材との出会いで、自分の試したい方法論を全て試せる状態になったので、後は実際の体の変化を見つつ判断して行こうと思います。浮腫みは徐々に重くなっているように感じるので、体感的には透析は不可避かなぁという気がしますけど、どうなりますか。ネット上では慢性腎不全の方のクレアチニン数値改善例はいくつか散見するのですが、その後が分からない情報が多いのと、糖尿病性腎症の重度からの改善例が見つけられないのは・・・・私が挑んでいることも非常に難しい事でしょうからダメで元々。でも後悔しないように試せることは死なない範囲で試そうと思います。
私のことはさておき、このカリフラワーライスは通常食としてもお勧めです!是非、試してみて下さいね♬