2020年7月30日 本日の鹿児島県北西部は晴れ。

今月も明日で終わり、あっというまに時が過ぎて行きますね。

花火にも行きたいものですねぇ。
IMG_20181008_201340






新型コロナ
当初は夏になれば終わると考えられていた新型コロナですが、益々感染は拡大。問題なのは死亡率と後遺症の残存率ですが、これは終わってみないと分からないことでもあるので、現時点で「死んでない」「重症化していない」と判断するのは早計だと私個人は考えます。ウイルス自体が本当に弱毒性に過ぎないものだとしても、付加された「情報」によって、付加価値をもったウイルスとなって物理的な攻撃だけでなく、心理的な攻撃も行われている現状は非常に心配です。大事なのは事実を見ることですが、その事実が伝わってこないのが問題で、「日本人は感染しにくい」と言っていたのがつい先月の話で、今がどうなっているかというと報道の通りなら「結局、日本人も他国と同じ」という結論になりつつあります。だとしたら、私達がやるべきことは、「重症化リスクの高い人をウイルスから遠ざけつつ、経済はある程度回るように行動する」ということでしょうし、そうしながらもできるだけ感染しないように「3密を避け、うがい、手洗い、マスク着用」を続けることだと感じます。

先ずは信頼できるデータ
私個人が重要だと思うのは、先ずは信頼できるデータです。重症化した全ての症例の詳細を公開するべきですし、その情報を基にして、個人それぞれが行動を判断することが望ましいと感じます。インフルと比較してとか、風邪と比較してとか、は意味がなく、あくまでも新型コロナとしてどうなのか・・・これを客観的に判断できる材料としての「信頼できるデータ」が全くないのが問題なのだと感じます。重症化しているのが高齢者や持病のある人が殆どであると言われつつも、「本当にそうなの?」と思われてしまうことが問題なのだろうと思います。

ワクチン
とにもかくにも、治療法さえ確立されてしまえば何の問題もない訳ですが、この分野も何だかきな臭い感じがあって信用はできません。少なくとも、現存するワクチンのどれも新型コロナには効かないというのは本当なのでしょうから、研究を急いで欲しいとは思いますが、できれば日本の研究者に勝利を手にして欲しい所です。

とにかく
命を脅かされているのか遊ばれているのかさえ定かでない程に、情報が抽象的すぎる。例えば、中国は一時新型コロナを克服したとパレードまでしていましたが、具体的にどう封じたのかも言わない内に、全土に蔓延していますし、誰も真剣にこのウイルスを封じようと行動しているようには感じられない・・・そもそも無いのかもしれないし、ただの風邪に過剰反応しているだけなのかもしれないし、実はもっと酷いものなのかもしれないし・・・・とにかく、正確で信頼できる詳細な情報を出して欲しいと思う今日この頃です。一次情報にしか本当の価値はないので、氏名と住所と対応病院は秘匿して構わないので、「年齢、既往症、居住地、食性、生別、身長、体重、感染経路、新型コロナでの症状」を厚生省自身で情報を纏めて一次情報として公開して欲しい。