2020年6月27日 本日の鹿児島県北西部は大雨。

本日は土曜日なので、趣味などについて書く日ですが、母の三回忌でもあるので、しめやかに。

IMG_20200626_181055

IMG_20200626_181105

IMG_20200626_181118

IMG_20200626_181225

花に溢れた一日でした。

あの日からもう2年なのですね。早いような長いような・・・とにかく時は過ぎて行きます。
今年は、新型コロナの事もあるので人を集めての法要行事は行いませんでしたが、あっちの世界にはどのように影響があるのでしょうね。責任は私にあるので、死んだ後で叱られるでしょうか?日本ではそれ程酷くないとは言え、もしも、この集まりが発端で誰かが死ねば大変なことですから・・・特に皆高齢者なので・・・。大雨でしたので、高齢者が移動するには心配な天候になったので、法要を中止にしておいて良かったと思いましたが、「法事を行わない」という判断は、田舎では快く思わない人もいるでしょうから、今後どう影響してくるか・・・そこは受け止めながら進もうと思います。

正直な所、全ての宗教行事は無意味だと私個人は思っているので、通夜も葬式も要らないと思っていますし、自分の遺言書にも「世間体を守るために行っても良いけど、通夜も葬式もその後の宗教行事も希望しません、墓無しの散骨希望」としてありますけど・・・どうなりますか。

ともあれ
母の自我を持つ素粒子は今どこを旅しているのでしょうか・・まだ、宇宙空間の旅を楽しんでいるでしょうか、もう他の何かに意思を与え新たな生を楽しんでいるでしょうか・・仏壇に父と二人で手を合わせながら、微笑む母の遺影を見つめていたら、更にニッコリとほほ笑んだ気がしました。