2020年5月22日 本日の鹿児島県北西部は快晴。

たまにはパソコンの掃除など。

だいたい一年に一回
私はあまりマメな方ではないので、パソコン内部の掃除は一年に一回程度・・しかも気が向いた時にという感じです。毎晩ルンバがフロア清掃してくれているのと、エアコンが常時稼働なので、空気中のホコリは少ないじゃないかと思うのですが、それでも、一年放置すると、デスクトップ型パソコンの内部は見事にホコリだらけでした。写真のものは空冷なのでファン必須なので外のホコリを引き込みますので、一年に一度は掃除した方が良いですね。我が家には、水冷でファンの無いパソコンも一台あるのですが、コチラは5年起動しっぱなしですが、ホコリも溜まらず良い感じ。性能と金額が折り合えば水冷システムの方が買いかもしれませんね。


ブロアーでホコリを飛ばしながら、掃除機で吸って行きます。
グラフィックボードの上は真っ白~( 一一)
IMG_20200510_101534

CPUファンのホコリは掃除機で吸い上げながら綿棒でこすって落として行きます。本格的にやるなら全てのパーツ、メモリ、CPUファン、各種搭載ボード、HD、SDD等も外して掃除するべきですが、私は、ファンに巻き付いたホコリの除去と、基盤に積もったホコリの除去程度で済ませています。CPUに直接エアダスターなどを吹いてしまうと足にホコリが挟まって電流リークで壊れる原因にもなるので注意が必要です。自信がない場合は自分での掃除は諦めた方が安全かもしれません・・・掃除を放棄したなら、日々のデータバックアップだけは確実にしましょう。
IMG_20200510_102913

雑感
掃除をしたからと言って特段に処理速度が速くなるなんてことはありませんが、ホコリによる故障リスクは低くなります。ホコリによる具体的な障害としては、ファンが回らなくなって熱暴走というのが一番多いと思います。でも、今のパソコンは非常に良くできていますので、ホコリ程度ではあまり壊れないです・・前述のファンが回らないパターンも、ヘビースモーカーが掃除しない部屋で5年位稼働させ続けたような特殊な環境とかでないと起きません。大体は5年も使うと新しいパソコンに買い替えなので、普通の使い方(ネットとかワードやエクセルとか)ならパソコンの掃除なんて忘れて良い作業なので、今回の記事はあくまでもご参考までに・・という奴です。今回掃除したパソコンはちょっとだけ性能が良いので、少し長めに使いたいので、一年に一度程度は掃除していますが、掃除のポイントは

「電源を抜いた後、電源ボタンを長押ししてしっかり放電する」
「水道の蛇口などに触れて、自分の静電気をしっかりと放電しておく」
「掃除機と服が擦れると静電気が溜まる事があるので着衣の素材に気をつける」
「アースストラップがつけられる環境ならつける」
「エアダスターではなくブロアーを使う」
「基盤を洗う場合は無水エタノールを使う」
「パーツの着脱は慎重に行う」
「CPU周りは強い風を吹きかけない」
「掃除機でホコリを吸い込みながら行う」

こんな感じでしょうか。興味が湧かれましたら是非。

***************************************************************************
当ブログは ↓ の内容を知って貰いたく書いております。

糖尿病性足壊疽の切断を回避した証明写真(グロいです)



お時間ありましたら読んで頂けるととても喜びます。

***************************************************************************