2020年5月21日 本日の鹿児島県北西部は快晴。


賭け事の話。


賭け事
黒川さんは定年延長で問題視されていた関係で徹底マークされ、ついに陥落しましたか。「金を賭けていた」という事実確認はどう行うのか興味がありますが、麻雀で金を賭けずにやる人は殆どいないでしょうから、立証の必要もないということなのでしょうか。競技麻雀などもありますが、そちらの方がマイナーですしね。これまでの政治的報道の中でも時々賭けマージャンや賭けゴルフのような問題が話題になったと思うのですが、本質的問題は常にそっちのけで、当事者の人格問題にしてしまった後は、どうぞご自由にってなっているのはなんだかなぁって思います。「普通は賭けるよね」っていう文化のものは、適正レートを法律で決めてしまえば良いと思うのですが、そうしない理由は何があるのでしょうか。1円だろうが100万円だろうが同じ罪として扱われるのはちょっと腑に落ちません。そもそも、食品や飲み物を賭けるのは合法なのですから、「何かを賭ける事」そのものが禁止されている訳ではないのですよね。経済的状況は千差万別なので適正なレートの策定が難しいのは理解できますが、合法だからと言って、宝くじや競輪や競馬や競艇やオートレースやパチンコは適正に運用されているのでしょうか・・・多くのギャンブル依存者を生み出して、自殺者を量産しているのはむしろ合法なギャンブルの方に多いと感じるのは気のせいなのでしょうか。

しずかちゃんとのデートを賭けてドンジャラ勝負するのは合法?
あっいや、もしかすると青少年保護育成条例違反になるのかな・・しずかちゃんの同意がない場合は何かの罪に問われるだろうか・・。
ドンジャラって良いお値段なんですね。
20200521

雑感
こんな記事を書くと、マージャンできそうな雰囲気かもしれませんが、役は3個くらいしか知りません。学生の頃に始めかけましたが、金のやり取りで人間関係がギスギスしているのを見て興冷め。パソコンゲームとゲームセンターのマージャンしかその後はやらずに、30年近く経ちました。友人の付き合いで雀荘の見物には何度か行ったことがありますが、どの店でも普通にレートが設定されていました(大体は0.5)が・・・どゆこと?法律上は摘発すれば確実にどの店もアウトだと思いますが・・・不思議な国だ。警察が摘発しない暗黙のルールが存在しているのだとしたら、今回の黒川さん・・セーフなんじゃないの?っていうか週刊誌さん大丈夫かな・・そっちの方が心配。この世界には沢山のグレーゾーンがある訳ですが、例えば、朝鮮系に多額のお金が渡るパチンコ系、中華系に多額のお金が渡るマージャン系、多国籍入り乱れる夜のお店系、それらを管理する裏社会、それらを監督する公営の団体や組織・・・医療と製薬会社の癒着の闇も結構な暗闇ですが、この世界が謀略と知略と馴れ合いで出来ているのは紀元前から明らかな事です。この人間の社会システムの本質を理解した上で、どうなるのが最も人類にとって最善なのか・・・考えて行きたいと思った出来事でした。宝くじも時々買うし、パチンコも時々打つし、競馬も非常にたまに買う事もあるので、賭け事は好きです。でも、増やせる確率などホボ0だということも知っている・・のに賭けちゃう・・・どこかで洗脳かかってるのかなぁ・・不思議です。もしかすると、お金にも運命って奴があって、人間の想いは関係ないのかもしれませんね。さて、ちゃんと実業で増やそうと思います。みなさまも、ギャンブルはドブに投げ捨てても良い金額の範囲でお楽しみ下さいね。


***************************************************************************
当ブログは ↓ の内容を知って貰いたく書いております。

糖尿病性足壊疽の切断を回避した証明写真(グロいです)



お時間ありましたら読んで頂けるととても喜びます。

***************************************************************************