2020年5月17日 本日の鹿児島県北西部は曇り時々晴れ。

緊急事態宣言が一応解除され、我が町の大型店舗は日曜ということもあって賑わっていました。駐車場は概ね満車だったので中に入る事はせず、ローソンで低糖質パンだけ買って帰宅。我が町は新型コロナの感染者の報告はゼロなので「大丈夫でしょ」という気持ちになって当然ではあります・・・しかし、私は今しばらく用心しておきます。


新型コロナとは何者か

未だに結論の出ないこのポイント。自然物なのか人工物なのかさえ専門家同士でも議論が分かれています。そして、今や、BCGワクチンの有効性についての議論でも白熱しつつあるようです。私のような素人が口を挟んでも何の説得力も持たないので、ひっそりと思うだけですが、色々な薬について症状改善が時々みられるのは、新型コロナがそれらの要素を含んでいるからだろうと思うのです。つまり、かなり前に陰謀論的記事の中で書いたのですが、20年以上前に書かれたとある小説の中で「武漢400という名前のウイルスが蔓延する」という内容が描かれているのですが、この小説の中のウイルスは400種のウイルス株を掛け合わせたものとして描かれています。今回の新型コロナで色々な薬が候補に挙がるも、絶対的特効薬に成れていないのは、複数の特性を持っている上に、変異によって無限の変性を行うからなのではないでしょうか。複数のウイルスの特性を獲得したのが人工的なのか、または奇跡的な確率で自然になのかは分かりませんが、非常に特殊なウイルスなのだろうというのが私の感想です。だからどうせなら感染しない方が良いに決まっています。確かに重篤化するのは既往症のある人や高齢者が殆どなので、若い人や健康な人は気にしなくて良い可能性もありますが、糖質制限で健康的に過ごせるようになったとは言え、私は元重度糖尿病で、合併症もくすぶっている体なので、結構怖いので、今後も自分のストレスにならない範囲で防疫して行きます。

表は answers news 様サイトより引用
20200517


社会システム(こっからは陰謀論的ファンタジー)
「新しい生活様式」なんて言葉が巷に溢れ始めました。新型コロナによって、世界は非接触型のコミュニケーション様式へと変革する精神的下地が創られました。日本でも社会システムの運営に肉体が関与しない社会を「ムーンショット計画」という計画に沿って実現しようとしている訳ですが、この新型コロナは全世界的に人の精神構造を物質型から精神型へとシフトするために意図的につくられた現象だとも考えられます。アメリカが、この期間に死んだ人は可能な限り新型コロナが原因の死亡であるように集計していること(圧力を受けた医師の告白動画が有名)。全世界の航空会社の存続が危ぶまれ、空の交通網がリセットされる可能性があること。ペンタゴンがこのタイミングでUFOの存在を公にしたこと。オンラインによる仕事や学習や購買へのマインドが高まっていること。現金から電子マネーへ移行することに抵抗が少なくなっていること。そういう様々な状況が、今回の新型コロナのような件がなければ現状にできなかったことを思うと、やはり、意図的な何かを感じますし、これらのシステムに大きく関与するだろうビルゲイツ氏が疫病を予言して、ワクチン開発に力を入れているという事実は少し出来過ぎのように感じます。もちろん、ビルゲイツ氏を使う何者かこそが黒幕な訳ですけどね。それはさておき、空路は再編され、いよいよ、空飛ぶ自動車の時代がやってきます。ナビは3次元化されて、空路も設定できるようになります。そういう時代になったとき、今回の新型コロナで亡くなった人たちはどう思うのでしょうか・・・そして生き残った人達はどう思い返すのでしょうか。



雑感
結局の所、真実が知りたければ天竜人にでもなるしかありません。社会のシステムの片隅で霞を食って生きている私などにはこの世界の真実など知る機会はないでしょう。それでも、インターネットの普及によって「こうなんじゃないか?」と想像できる段階までこれたのは生物として純粋に嬉しい。想像が合っているのかどうなのかまで辿り着くのが目標ではありますが、新型コロナの真相までたどり着けるでしょうか・・・とにかく、生きていればこそなので、何とか、あと30年生きていたいなぁ。さて、後半は都市伝説的内容として書きましたが、実際、世界はこの方向に動いています。コロナが意図的か偶然かはどうでもよくて、世界の進むべき道を決めたがっている人達に都合のよい状況は確実にできあがったということです。みなさんは、アナログを選びますか?デジタルを選びますか?選択の日は近いかもですよ・・・。そうだとしても、どんな一日も楽しんで♬ 

***************************************************************************
当ブログは ↓ の内容を知って貰いたく書いております。

糖尿病性足壊疽の切断を回避した証明写真(グロいです)



お時間ありましたら読んで頂けるととても喜びます。

***************************************************************************