2020年2月2日 本日の鹿児島県北西部は快晴。

のんびりとした一日でした。ダイソーで見つけたのでご紹介。

早い・キレイを目指す救急ばん
以前、プラスモイストの記事を書いた時に「見つからない」と書いた絆創膏なんですが、今日、ぶらりと立ち寄ったら・・・在りました。絆創膏14枚入り100円。ダイソーで見つけた絆創膏のプラスモイスト部分の総計は、3シート入りの医療用プラスモイストの13分の1なので、プラスモイストだけで考えるとプラスモイストの本体シートを購入する方がちょっとお得に感じます(大きさもキズに合わせてカットできるし)が、貼り付けるためのテープまで考えると、トータルコストでは結局同じ位。どちらを買って損はしない計算ですね。なので、ちょとした小傷用に「早い・キレイを目指す救急ばん」を、少し大きな傷用に「プラスモイスト」を常備しておいたら良いのかなと思います。

IMG_20200202_180355

その昔は、傷は「乾燥させて治すもの」と思っていましたが、夏井睦先生のサイトで湿潤療法を知ってから以降はカサブタとはおさらばの人生です。当然、糖尿病壊疽の治癒の過程でも「カサブタ」なんて出来たことはありませんでした。優れた智慧であり、全世界に広まるべき知識の一つだと思います。
IMG_20200202_180414

瑞光メディカルさん!お世話になっております。
IMG_20200202_180447

絆創膏の大きさは大体こんな感じ。
IMG_20200202_180604

こちらは、白十字さんのモイストヒーリングパッド。大き目の傷に丁度良いです。4枚入りで800円ちょっとなので、少し割高感があるかもしれませんが、防水シールドがかなりの高性能・・・シャワー程度なら余裕でしたので、これも一袋は常備しています。
IMG_20200202_180828

雑感
登山したり、アウトドアで薪を作ったりしていると、小さなケガは日常茶飯事なので、今日ご紹介した商品群は薬箱に常備しています。今日はダイソーでプラスモイストの絆創膏を見つけたので記事にしてみました。みなさまも、お近くのダイソーを覗いてみて下さいね。もしも「早い・キレイを目指す救急ばん」ありましたら是非常備薬の箱に仲間入りさせて下さいませ。お勧めの一品ですよ。