2020年1月11日 本日の鹿児島県北西部は曇り。

デイキャンプしようか迷ったのですが、ちょっと背筋に悪寒がするので止めておきました。代わりに「ゆるキャン△9巻」を買いに街の本屋へ寄りますと・・・13日の予定・・・距離を感じるなぁ。ま、急がないので予約して、晩の材料を買って帰宅。

お茶が届きました。
帰宅して、しばしギターの練習をしておりますと、ピンポーン(^^♪ 年始の挨拶に知人が来ました。
お土産はお茶。有難き幸せ~♬ お茶の美老園さんは100年を超える老舗なので超有名です。
IMG_20200111_163354

青い方を小分け

お茶を小分けにする作業が何気に好きです。美味しい煎れ方なども知識としては知っていますが、母が亡くなってお茶の味に拘る人は居なくなったので、父も私も普通に紅茶のようにして飲むスタイル。十分に美味しいと感じるので学生時代からこの飲み方です。
小分けにしたパックは密閉容器で保存。
IMG_20200111_163911

映画
美味しいお茶を頂いていると、何か映画を観たくなりましたので、amazonプライムビデオを散策。

「復活の日」
古い映画で、評価が割と高い作品が目に留まりました。観ていて気付いたのですが、昭和のSF御三家の一人小松左京さんの「復活の日」の映画化だと気付きました・・・けど、設定を思い出しただけで、内容はもう忘却の彼方だったので、グイグイと映像の世界に惹き込まれて行きました。ネタバレは書かない主義なので書きませんが、草刈正雄とはこんなにもカッコいい俳優だったのですねぇ。私の記憶にある小説の内容とは大分違うような気もするのですが、今度、読み返してみようと思います。小説と内容が違ったとしても映画として、もの凄いスケール、間延びしない展開、哲学的問い、等々、非常に練り込まれた出来の映画でした。CGの無い時代、終盤の映像は恐らく実写でしょうし、あの時代に、あのロケ地で撮影を行うのは非常に人もお金もかかったことでしょう。今だからこそ、観て欲しい作品だと思いました。
20200111

雑感
今日も幸せに一日が過ぎて行きました。あの悪寒の正体が何だったのか分かりませんが、今は、いたって元気バリバリ。さて、夜は音楽と、語学の時間です。みなさまも良い週末をお過ごし下さいね。

****************************************************************************
当ブログは ↓ の内容を知って貰いたく書いております。

糖尿病性足壊疽の切断を回避した証明写真(グロいです)



お時間ありましたら読んで頂けるととても喜びます。
*****************************************************************************