2019年12月3日 本日の鹿児島県北西部は晴れ。


今日も平和に一日が過ぎて行きました。たまには政治の話でも。
20191203


政党
現在日本には政党助成法上の政党要件を満たしている9の政党がある訳ですが、私は保守なので、この中では自民党支持です。「安倍が~」という意見はネットでも良く見ますが、私個人は、あの民主党時代の壊滅的株安時代からすると、今の方がマシだなぁと思って、比較的肯定的に自民の運営を見ています。そんな中でしたが、N国党はこの国をもっと良くしてくれるかもしれない期待感があったので、先の参議院選ではN国党に一票を投じた訳ですが・・・・。

現状は残念

立花氏が参院選の突破時のような、あくまでもNHKのスクランブルのワンイシューに拘ってくれていたなら、現在もおおいに応援していたと思うのですが、埼玉での参議院議員補欠選所に出た辺りから、ちょっと怪しさを感じるようになってしまいました。何故なら「反既得権益」という非常に大きな風呂敷を広げたからです。「できない約束はしない」と事ある毎に言っておられた立花氏が、できない約束を公約に掲げてしまっては応援する事は難しくなってしまいました。

既得権益
既得権益というのは時間を共有するのであれば全ての人と全ての局面で発生します。私が今パソコンで入力している作業も既得権益。つまり、過去から未来へ生きる人なら全て既得権益の中で生きています。勿論、政治的な既得権益というのは「法律や政治システムを悪用して暴利を貪る輩」を指していることは分かりますが、残念ながら、線引きが不可能ですし、無限の状況が想定でき、いつまで経っても終わりは来ません。なので、「既得権益をぶっ壊す!」これはできない約束だと思うのですよね。

そんな事を考えてしまって、私はN国党の応援からは熱が引いてしまいました。

その後の、どっかをドバイにするとか言う市長選に至っては全く興味を無くしてしまいました。

でも頑張って欲しい。

私が再び立花さんを応援するとしたら、原点に帰って、NHKのスクランブル化を最前面に押し出してくれた時だと思います。様々な障害を乗り越えて公党の党首にまでなったのですから、なんとか持ちこたえて欲しいとは思います。今は政党としての支持はしませんが、この時代を共に生きる人間同士として非常に応援しているので、この国をより良くするために、再び情熱を燃やして共に頑張りたいなと思う所です。

いろいろ、書きましたが、素直な感想を書いてみました。皆さんは、日本の政治についてどんな考えを持っていらっしゃるでしょうか。もう直ぐ、衆議院の選挙があるという人も居ます。この機会に、次の日本を託したい政党がどこなのか考えておくもの宜しいのではないでしょうか。より良い日本になって行くと良いですが・・・人口も減って行くし・・・あと何年、日本国は存在できるのでしょうね。

****************************************************************************
当ブログは ↓ の内容を知って貰いたく書いております。

糖尿病性足壊疽の切断を回避した証明写真(グロいです)



お時間ありましたら読んで頂けるととても喜びます。
*****************************************************************************