2019年11月27日 本日の鹿児島県北西部は曇り時々小雨。

昼から暇だったんで、amazonプライムビデオで映画観てました。


スマホを落としただけなのに
北川景子さん主演のこの映画、スマホを落とした彼氏のせいで最悪な事になってしまうというお話。
ネタバレはしない主義なので内容は一切書きませんが、面白いか面白くないかで言ったら面白かったです。エンタメなのでご都合主義な点は多々ありますし、極端な設定もありますが、娯楽作品としてはアリなのではないでしょうか。この映画から得られる教訓としては「スマホは落とすな」「本体もアプリもセキュリティは強固に」「本体もアプリも推測されやすいパスワードは使うな」「ストレージにヤバい写真は残すな」的なことでしょうか・・・そして、「愛とは純粋かつイビツなものでもあるのよね」的な・・・映画の最後の方では、なんか、犯人と聖帝サウザーが重なってしもうたww・・愛深き故にという点ででしょうかね。環境によってサイコパスが形成されるかどうかは疑問が残る所ではありますけどね。

ネクサスはやっぱカッコよいと思う。
20191127

雑感

私も東京旅行の際に、スマホを落として、警察経由で戻ってきたのですが、もしも、本気の技術屋が私のスマホの中身をコピーしようと思ったなら、かなり簡単な作業でやってのけてしまうと思います。今のスマホは生体認証だからセキュリティが強固だと一般的には思われるかもしれませんが、ハッキングのコンテストに出場するような人達は、USB端子(充電端子とかも)にそれ用のチップを差し込むだけで、必要なデータを自分宛てに送ったり、スパイウェアを仕込んだり・・・そんなことが出来てしまいます。中国の某スマホ企業が米国から追い出された様な、そもそもの基盤の中にスパイウェアが仕込まれているような事だってあるので、本当は、スマホをお財布代わりにしたり、クレジット情報を入力したりというのは非常に危険な作業なのですが、便利なので、使わないという選択肢はもう今となってはナンセンスな時代になってしまいました。私個人は、限定的に個人情報を開示する使い方をしてきたのですが、それでもサービスが増えるに伴って、個人情報を開示する場面が増え続ける状況に迷っている所です。色々な危険は予測した上でリスクを分散した使い方をするのが安全ですが、そういう事を考えてスマホを使っている人がどれ程いるのでしょうか・・・少ないでしょうね。何でもかんでもスマホで完結している人は、いざと言う時に命に関わりますので、この機会に、使い方を考えてみると宜しいのではないでしょうか。この映画も考察の一助にはなるかもしれません。


****************************************************************************
当ブログは ↓ の内容を知って貰いたく書いております。

糖尿病性足壊疽の切断を回避した証明写真(グロいです)



お時間ありましたら読んで頂けるととても喜びます。
*****************************************************************************