2019年8月3日 本日の鹿児島県北西部は快晴。

今日も朝から病院へ。


朝の体調
夜中にトイレに起きた時の右足の激痛が激し過ぎて、やむなく処方されていた解熱鎮痛薬(カロナール200mg2錠)を飲みました。その後、汗が半端ない。2:00~7:30の間に4回着替え。バスタオルを3枚シーツ代わりにして、それも二回変えました。熟睡はしてないと思いますが、めちゃめちゃスッキリとした目覚め。

病院にて
朝食はいつもの普通食を食べて病院へ。熱は36.2度と平熱。今日は、昨日迄のフラフラした脳内の浮遊感もありません。「今日まで点滴で入れて、明日からは薬にしましょう。足も大丈夫ですよぉ。4日飲んで何もなければ皮膚科の仕事はありません」とのお言葉でした。有難き。
IMG_20190803_094259


お昼前
この一週間位は、人体の緊急事態システムが働いていて、糖新生亢進による常時高血糖状態だったので非常に眠くて一日20時間は寝て過ごしていたのですが、昨日からはそれもなくなり、youtubeを観たり、ゆるきゃん△を読んだり、ギターを弾いたりという余裕もやっと生まれて来ました。そんな中で、「何か雰囲気を変えたいなぁ」と思って思いついたのが「ギターの弦交換」

長らく放置してしまったYAMAHA君御免なさいm(__)m 今からキレイキレイします。
IMG_20190803_162150

今回はちゃんとフォーク弦を張ります。
この数字フォント、好き。サンダーバード・・連想します・・名作。
IMG_20190803_162336

完成(*^▽^*)
めっちゃ綺麗。音・・凄くいい。これですよ。これっ。
一曲目は・・・パプリカ・・でした(*^▽^*) 半崎さんじゃないんかいっw。
半崎さんは体力戻らんと歌えもしません。
IMG_20190803_180303

雑感
やっと、本当に快方へと向かう事ができたようでホッとしています。今回の帯状疱疹の件については色々な学びもありました。例えば受診するタイミング。初日に寒気を感じた段階で受診していたら「帯状疱疹」という原因には医師も気付けなかったかもしれません。そのパターンはきっと、今回の私の場合よりも危険な局面を生み出すはずです。今回私は、「風邪なら自分の自然治癒力で治そう」という初期判断がありました。しかし、通常2日も寝ればおさまる予定のものが治まらず、次に試したのは市販薬です。この時、6時間毎に服薬さえ続けていれば通常運転できる状態ではありましたが、「ブレーキとアクセル」を同時にべた踏みしている状態であるので、非常な違和感のみを感じていました。期せずして病院へ行けるタイミングがあったので受診しようと決意した時点で右足そのものも重篤な何かがあるという事に気付けたので、今回は優秀な皮膚科を受診し、抗生剤点滴によって事なきを得たという流れです。今回これを経験したからと言って次回から即座に生かせるとは思えませんが、何か体調不良が起こった時、自分の浅い知識からのみ結論を導くのではなく、先ずは知識をゼロにしてから、ネット検索することが大切だなと思いました。大事なのはあくまでも「体感」なので、このままで大丈夫だと自分が感じれば自然治癒を待つのも良いでしょうし、速やかな改善が必要なら医学というツールを使うのも良いでしょう。「体調不良はすぐさま、なんでもかんでも病院へ」と言っておけば無難であることは承知ですが、実際は、その結果もっと酷いことになった人も沢山いるので、私は、やはり、「先ずは自分の頭で考える」という事をして欲しいように思います。もちろん、もうネットも観れない、思考が不能、食事負荷、ADL不可能であれば即座に救急車を呼ぶ事案なので考え過ぎられても困りますけどね。今日はまだ、思いに任せて、ただ書きなぐっているだけなので、誠にまとまりがなくて申し訳ないのですが、今回の一連は、また別途記事に書こうと思います。ご心配頂いた皆様、本当にありがとうございます(#^.^#) この場を借りて、御礼申し上げます。

まだまだ、暑い夏が続きます。適度に涼を楽しみながら、素敵な夏をお過ごし下さいね。

****************************************************************************
当ブログは ↓ の内容を知って貰いたく書いております。

糖尿病性足壊疽の切断を回避した証明写真(グロいです)



お時間ありましたら読んで頂けるととても喜びます。
*****************************************************************************