2019年6月26日 本日の鹿児島県北西部は雨。


医学上の母の死は明日ですが、魂が離れた瞬間は26日の23時頃だったと感じる・・だから私個人的には今日が母の命日だと思っている・・そんな6月26日は沢山の花が届きました、と共に、何故かうなぎが・・ww。


糖質制限的にうなぎは?
結論から言えば食べられます。と言ってもやはり、市販のものは砂糖や水あめが使用されているので控えた方が良いのではありますが、糖質量という点から言えば大丈夫です。
糖質制限始めたばかりで砂糖への感受性がまだ高い方は食後の血糖値を測った方が良いでしょうね。
2パック届いたのですが、1パック辺りのウナギの重量は134gでした。
IMG_20190626_182329

ウナギ本体の糖質量

糖質量の表記はありませんので、炭水化物量を糖質量とします。100gあたり3.1gなので、134gに直すと、糖質量は4.154gとなります。
IMG_20190626_182639

タレの糖質量

コチラも糖質量の表記はないので炭水化物量を糖質量とします。一袋で6.2g。
IMG_20190626_182709

合計糖質量
4.154g+6.2g = 10.354g

我が家の食事の場合は一食当たりの平均糖質量が5g前後なので、このウナギをタレ込みで食べても15.354gの糖質量となり、スーパー糖質制限的にも全く問題ありません。
当然ですが米の上にのっけたりはしませんからね。豆腐のおかずです。


雑感
糖質量的には問題ないのですが、経験的には、やはり砂糖を使っているという点は注意が必要だと考えます。代謝システムが脂質代謝に慣れた状態であれば危険度は減ると思いますが、糖質代謝と脂質代謝を行ったり来たりするようなプチ糖質制限などの方だと、この手の食材は大きく糖質代謝を刺激すると思うのですよね。・・・と書きながら、自分の成長に感動ww・・とにかく自分に合った食事が何なのかを個人個人が自分で考えていく事が大切です。このままあと100年位生きたいものです。さて、一周忌の準備をしなくては。母よ・・・畑の大豊作・・ありがとう♬


****************************************************************************
当ブログは ↓ の内容を知って貰いたく書いております。

糖尿病性足壊疽の切断を回避した証明写真(グロいです)



お時間ありましたら読んで頂けるととても喜びます。
*****************************************************************************