2019年2月3日 ..本日の福岡は雨。
今日は人生初の半崎美子さんワンマンコンサートに参加してきました。心して書く!

でも、まだ長い長い帰宅の途中。
結論だけ 先に書きます!

半崎美子は面白い歌手である。
半崎美子は人たらしの神である。
半崎美子は良いセイレーンである。
半崎美子は美人である。

今日感じたのはこの4つ!
詳細は帰り着いてからボチボチ書きます。バンド構成のコンサートなので、詳細なセトリ、楽曲アレンジについては書きませんので、感想ばかりになる予定ですw 楽しかった、次は来月!ソレも楽しみです。

タイムレコードを今日にしたいので一先ず、コレで仮掲載。
後で編集致します。
電車って文字打ってても酔わないですね、新発見。
明日からまた一週間♫楽しみましょう!

------------2019/02/03/23:00帰り着きました。でわ、詳細を振り返ります。
かなり、長文になってしまったので、本当にお暇な方だけ読んで下さいね(#^.^#)




4:00
起床して 父の一日分のご飯を作り置き。

本当は5:11の始発に乗るつもりだったのですが、博多で買い物をする程の時間は捻出できそうにないので、7:00前の気動車に変更。 6:30の駅・・・誰もいません。
IMG_20190203_062907
何気にエスカレータのステップがモアレ模様に映るのが好きw
IMG_20190203_063547
そして、かぞくいろ ラッピング車両に出会う・・・吉兆・・・乗るのは別の車両ですけどね。
IMG_20190203_063801
鶴は今年も万羽越え。1/27には北帰行が始まったようです。ご覧になる方はお早めに。
IMG_20190203_064012
やはり、貸し切り。
IMG_20190203_064654
こんな景色を楽しみながら。
IMG_20190203_074843
貸し切りなのでこんなお行儀の悪いことをしながら、シュッポ シュッポ シュッポッポ。
IMG_20190203_101730

この切符いい! 一日乗り放題(特急や新幹線は除きます)で3600円!
つまり、鹿児島~福岡 片道1800円。ありえない・・・時間はかかりますが・・・私の様な生粋の乗り鉄野郎は、この切符を実現してくれた人にスーパーひとし君をあげたい。
IMG_20190203_101906

今日の戦場へ着きました。11:30
IMG_20190203_114509

時間があるので、ちょっとぶらっと。中々立派な建物が・・・儲かっている自治体なんですねぇ。
IMG_20190203_115242

脇に看板を発見・・・戦場まで 2000mか・・・歩こう。
IMG_20190203_115348

防衛省を眺めながら歩く事20分。つきました。
写真がモアレ模様で凄いですが、実物は普通に直線です。
IMG_20190203_123015

しかし、文化センターにしては立派過ぎる建物です。しかも、ピラミッド・・・フリーメイソンか何か絡んでいるのでしょうかw 思わず シュウさまぁ~~と叫んだのは秘密(北斗の拳です)
IMG_20190203_123033

ここにもピラミッド・・・地下駐車場の換気ダクトらしいですよ。
IMG_20190203_122933

裏手にはこんなオブジェもありました。ちなみに、丸い奴は固定されていて転がりませんでした。
IMG_20190203_122717

さて、建物の中へ入ります。
事務所前には完売御礼の張り紙がっ!さすがです。当然、気分も上がりっぱなし↑↑↑
IMG_20190203_123315

開演2時間程前でしたが、既に待っていらっしゃる方もおられました。
IMG_20190203_123505

座席は決まっているし、時間までやる事がないので、同じ施設内の展示会をブラブラ・・・
小学1年生から小学2年生になる時のレベルアップが半端ない・・・教育って大事なんですね。
異彩を放つ作品が一つ目に留まりました・・・ピンクの豚おじさん・・・1000円なら買うけどな。
IMG_20190203_124204


さぁいよいよ始まります。14:00 入場が始まりました。
小さいながらCDとDVDの物販も開設。また、3/24福岡市民会館での「歌縁」の座席選択販売もされていました。コンサート終了すると駆け足で駅へと向かうので、ハンザキストさん達に、「また次の会場で会いましょう!」と先にお別れをしてから入場しました。

14:30 いよいよ開演です。
半崎美子さんの恒例アナウンスで幕があきます・・・ワクワクMAX!!

それぞれの曲やアレンジについてはコンサートに行って体感して欲しいと思いますが、差し支えない範囲で書くとすれば、二曲づつのセットで 6~7のテーマを試している感じの構成でした。今回のライブの感触を基準に構成を少しずつ変更して練り上げて行くのかもしれませんね。

歌唱に関しては、非の打ちどころがないのはもちろんですが、今回全編を聴いていて思ったのは、半崎美子さんはフェイク歌唱が似合うなぁということでした。日本人なら玉置浩二さんやドリカムさん、外国人ならマービンゲイさんのような雰囲気。パンチのあるソウルフルな一曲も聴いてみたいですね。
そういう意味で 半崎美子は面白い歌手である

それにしても、半崎美子さんは年上の方からも年下の方からも慕われるという、正に現代の秀吉のようでした。秀吉は計算でしたが、半崎美子さんのそれはおよそ計算では不可能な域です・・大きな要因が歌に対する共感だとするなら、それはもう人知を超えた神の領域・・・半崎美子は人たらしの神なのです

歌声に心酔する人々を観て(もちろん私も含めて)前述の人たらしの神と思うと同時に、セイレーンを思い浮かべました・・セイレーンは歌声で人を惑わし食べてしまう妖怪で、その住処は人の骸で積みあがっていたそうでありますが、半崎美子さんは歌声で人を導き幸せにしてしまう妖精で、その住処には人の希望が積みあがっているのだろうと思った・・・いや実際、コンサートホールの中は、プラスの感情が満タンぎっしり溢れて循環して濃縮してました。つまり、半崎美子は良いセイレーンなのである

やはり、彼女が放つ光は眩いばかりでありました。所作、言葉遣い、目配り、気遣い、歌声、頭のテッペンからつま先まで・・全て美しかった・・「名は体を表す」の通り、半崎美子は美人なのである


そんなことを感じながら、昨年の9月のイオンモール鹿児島での事を思い出していました。
「ずっとこの空間にいたい」今日もそう思いました。彼女の起こす波紋の中では、誰もが素直になる、彼女が歌う空間は「喜哀楽」のみが増幅される特殊な空間・・・彼女は空間の魔術師なのだ。
鞄の中の写真にそっと手を添えた・・暖かく感じた・・・。

大満足の2時間は本当にあっという間でした。

ありがとう 半崎美子さん! 次は 多賀城! 楽しみにしてます。

さぁ帰らねばっ!

と急ぎつつ、山羊に遭遇してしばし戯れるw
IMG_20190203_162502
かわいいのぅ
IMG_20190203_162513

帰りの電車
とあるハンザキストさんが同方向だったので途中まで仲良し家族さん達と歓談しつつ快適道中。
楽しかった・・ありがとうございます。

八代に着いたのは20:30
そこから、乗り継ぎに45分ありました。
当然、田舎のローカル線の夜・・・私一人の貸し切りでした。
映画にもなった路線なんだけどなぁ・・・人を集めるのは、なかなか難しいものですね。
IMG_20190203_211307

貸し切りの電車は専属運転手の居るリビングカーと同義。
かなり、リッチな気分になる・・・そういう所もローカルの各駅停車が好きな理由。
IMG_20190203_222342

23:00 着きました。
お疲れさまでした。
IMG_20190203_225717


雑感
昨夜から、およそ26時間、ほぼ、ずっと半崎美子さんの歌声を聴いていました。
全曲をライブで聴けるまではかなりの年月を要しそうですが、できる範囲にはなりますが沢山のライブに参加します。鹿児島にもまた来て欲しいなぁ。最後になりますが、苦言とかではないのですが、今回のコンサートで気になったことが二点ありました。一点は、ステージ目前の席が5席程連続で空席だったのです。「誰か不幸があったのかなぁ」とか「事故とかでないといいなぁ」とか思って心配な気持ちになってしまったので、前方のまとまった空席へは希望者が移動できるシステムができると良いのになぁと感じました。二点目は読んでしまうと気分を害される方もおられるかもしれませんので、具体的には書きませんが、恐らくかねてから問題になっている事なのだとは思います、安全上の問題があるのでどうにか対策は必要だと思いました。本当にちょっとだけ「ケガしなきゃいいけど」って思った程度です。半崎さんのファンには良い人しかいないので、その内解決されることだろうとは思います。

そんなこんなもありましたが、沢山の想いが線となり、春日市ふれあい文化センターで炸裂した無想転生を生涯忘れることはないでしょう。こんな一日が毎日だったら良いのに。最高の瞬間を届けてくれた半崎美子さんと三人のスーパーアーティスト、裏で支えてくださった全ての関係者のみなさん!そして、今日という空間を共有した全てのハンザキストの皆さんに心からのありがとうを贈ります! 本当に、素敵な瞬間と思い出をありがとうございます。次回もまた、どこかのライブで盛り上がりましょう!

最後に「かごしま からも 来ーたーよ~っ!」ってライブでは叫ばなかったので、ここで叫んでみましたよっ!!でわでわ。