2019年1月2日 本日の鹿児島県北西部は曇り時々晴れ。

とても久しぶりにあるお店に行きました!今日はそんなお話。

coco 壱番屋
その昔、非常によく通った最強のカレー屋「coco 壱番屋」。いとこ家族とご飯に行く事になったので、ちょっと気になっていて調べたいことがあったので、このお店を提案。子ども達の大賛成ですんなり決定しました。

気になるメニューとは
スーパー糖質制限的には当然ですが普通のカレーはNG中のNGですが、「coco 壱番屋」にはちょっと試したいメニューがあるのです。それが、コレ

coco de オフカレー
このメニューは意識して探さないと分からないような所にひっそりと掲載されているのですが、糖質をカットしたメニューなのです。
IMG_20190102_124453

三種類
オフカレーは三種類あります。それぞれの糖質量は公式によると下の表の通りです。
ちなみに、30gの米がついてきますので、米を全部残すのなら糖質が11gマイナスとなります。
kokoitikare-

本日のオーダー
Bの「ミニハンバーグ&チーズ」にウインナーをトッピングしました。
基本の糖質量が26.8gなので、26.8ー11(米)+6(ウインナー)=21.8g
という概算になりました。ウインナーの糖質量が正確に分からないので、標準よりは少し多めに計算しておりますが、もしかすると、まだ多い可能性もあります・・・食後の眠気があったので。左上の米は全部子ども達に食べて貰いました。
IMG_20190102_123520

帰りの空も綺麗でした
IMG_20190102_170743


雑感
30gの米は正直要りませんので、次回からはオーダー時に無しをお願いしようと思います。ブロッコリーの食感は面白かったですが、カレーにマッチするかどうかは好みが分かれる感じでしょうか。私は「美味しいな」と思いましたが、どうせならルーを持ち帰ってブランパンなどと食べる方が合理的に感じました。coco 壱番屋のレトルト製品の糖質量は一袋当たり糖質量17g前後のものが多かったので、スーパー糖質制限していても、分量に気を使えば十分に生活に組み込める食材ですね。今日食べたココデオフカレーは店舗で食べ切る事を考えると、スーパー糖質制限的にはかなりギリギリのラインなので、プチやスタンダード糖質制限の方に向いているメニューだと思います。スーパー糖質制限の方は、「ココデオフカレーのB(ミニハンバーグ&チーズ)で米は全部残しで追加のトッピングは無し」なら完全に許容範囲内ですので参考になりましたら幸いです。たまにちょっと許容範囲を超える位は良いと私は考えますので、そこは楽しみながら自分の体調と相談しながらストレスを抱えないように上手い事やってみて下さいね。フリースタイルリブレのセンサーが手に入ったら、血糖値のデータもとりたいと思いますので、その時はまた来ようと思います。

****************************************************************************
当ブログは ↓ の内容を知って貰いたく書いております。

糖尿病性足壊疽の切断を回避した証明写真(グロいです)

お時間ありましたら読んで頂けるととても喜びます。
*****************************************************************************