2018年10月21日 本日の鹿児島県北西部は快晴・・というか真夏日。

本日我が町ではマラソン大会が開催・・・物凄い混雑でございました~活気があるって素晴らしい。さて、昨日、一昨日とブログをさぼって色々とアクティビティを行いました。撮れ高バッチリだったので、何回かに分けて小出しにしようかな。今日は、低糖質スイーツで有名な「パティスリー・ルヴェール」のスイーツはマジで驚異的だったというお話。

仲間来訪
10月19日金曜日、この日は二カ月に一度の通院日でした。東京にお住まいのOさんが田頭先生の元を訪ねるというので、病院へもご一緒しました。

二カ月前(8月29日)の血液検査データ
母の死に際して、注意はしつつも少しずつ糖質(母の残したプリンとかアイスクリームとか、母の死後は供物とか関係者の持ち込みのお菓子とか)の摂取があったり、法事の弁当は半分だけ食べたりしため、a1cはやはり0.4上昇し、6.4でした。同時に、中性脂肪も207と高値。ケトーシスは保っていたので、糖質代謝へと転落した訳ではなかったですし、体重も減少傾向なので総合的には良好なのですが、少しの砂糖でも食後高血糖になっていた事が予測されるので、今後は、もっと気をつけようと思いました。とは言え、全部捨てるの勿体なかったのですよ・・・トホホ。やはり、ストイックさが必要ですよね。

病院が終わると

Oさんにお付き合い頂いて、久しぶりに「パティスリー・ルヴェール」さんへとやって来ました。

パティスリー・ルヴェール
店内は、糖質制限のスイーツだけでなく、いわゆる、従来のタイプもありますので、糖質制限する人もしない人も一緒に来ていろいろ選ぶ事ができますよ。「世の中には砂糖タップリだと食べられない人が居る」そこを何とかしたいという情熱で研究と努力の末に完成された作品群には「愛」しか感じません。黒いプライスカードのものが低糖質スイーツになります。
IMG_20181019_133133
(掲載許可、気持ちよく頂きました、高谷オーナーシェフありがとうございます)
「送れるものは通販も可能とのことです。」
8900037 鹿児島県 鹿児島市
広木3丁目14-11
099-204-0745
営業時間: 10:00〜20:00

焼き菓子コーナー
母の49日のお返しの品として、焼き菓子の詰め合わせを30個依頼した時も、とても親身に、そして、予算に合わせて構成して頂きました。返礼品はとても好評でしたが、誰かリピートして頂けたかは不明・・低糖質の説明カードもつければよかったなぁと今更ながら反省しました。とても美味しいですよ、こちらも是非。
IMG_20181019_133143


そしてなんと
コーヒー無料となっ!エスプレッソを頂きました。
IMG_20181019_133154


お昼ご飯
午後も13時を回りまして、お昼ご飯をどこで食べようかとOさんと相談。天気がめちゃめちゃ良いので「青空ご飯しましょうよ!」とご提案。即決で賛成して頂いたので、ローソンでいつもの定番の食材を購入して、とある公園へと参りました(公園については別の記事に致しましょう)。さぁご飯です。

血糖値
芝生にシートをひいて、ご飯をセッティングして、さぁ頂きましょうとなった時、Oさんが「血糖値測ります?」と聞いてきたので、高価だから勿体ないですよと言ったのですけど、大丈夫大丈夫と言うので、自分の好奇心に負けて測らせて頂きました。食前の血糖値は94でした。
IMG_20181019_145359

食べた食材
ブランパン(プレーンタイプ)二個合計で糖質量4.4g
焼き鳥もも(塩)三本で糖質量2.1g
バター(写真の箱の2/3位)糖質量0g
ブラックコーヒー糖質量0g
IMG_20181019_145025

ルヴェールのスイーツ
ティラミス一個 糖質量1.72g
ショコラロール(カット)1.5個 糖質量1.6g+0.8g=2.4g

この食事での総糖質摂取量 4.4+2.1+1.72+2.4=10.62g(超優秀)

IMG_20181019_151146

さぁ、1時間後の血糖値
おおよその予測としては、 1gの糖質を食べると、体重64kgの2型糖尿病の人の血糖値を約3mg、1型糖尿病の人だと、血糖値は5mg上昇しますので、80㎏の2型糖尿病の私が10gの糖質摂取なので、+30mg前後の血糖値上昇が予測できます。つまり、94+30=124 ですね。さぁどうなったでしょう。

111」でした。もう、糖尿病ではないんじゃないかと・・・。これまでの検査の経験から食後高血糖のピークが大体1時間後ですから、恐らく、これがピークです。糖質1gで1.6mgの血糖値上昇率なので、比率的にも糖尿病は改善されている実感が出来ました。もしかすると、ルヴェールさんのスイーツが表記よりも糖質が低いという可能性もあるんですけど、とにかく、どちらにしたって、ルヴェールさんのスイーツが本物であることもこれで証明されたので、今後も、心おきなくドカ食いできてしまいます。ありがとう。高谷オーナーシェフ!あなたは天才だ。そして、血糖値測らせてくれてありがとうOさん!

IMG_20181019_160134


雑感
いろいろな人の話を聞いていてルヴェールさんの表記糖質量に疑いを持ったことなどないのですけど、こうやって、実際にデータが出てくると、その凄さに心から感動してしまいます。お値段はやはり、工場で大量生産できる商品よりは高価になってしまいますが、体が脂質代謝へとシフトして砂糖的な甘さへの渇望感がなくなると、甘いものを食べたくなる気持ちそのものが減るので、結果として出費は減ります・・・あくまでも私の場合はですけどね。糖質中毒の時代は、毎日、プリンにアイスにケーキに菓子パンにと間食だけで一か月に3万円強は普通に使っていたのですから、それが、ルヴェールさんだと通院時の二カ月に一度、1000円程度、ロールを一本買っても2000円前後のスイーツ出費ですし、3日に一度程度ローソンのチョコブラウニーを買う程度なんですから、「糖質制限はお金がかかる」って言う人は本当によく考えて欲しいなぁと思います。とはいえ、糖質制限を強制はしません。私みたいに末期の末期に困り果ててからやるもよし、早めに気付いて余裕でやるもよし、そもそも、砂糖ドカ食いしても何の問題もない人はやる必要なんてありません。大事なのは自分がどういう体質なのかを十分に知り、適切にストレスマネジメントしてゆく事だと思いますので、この食欲の秋に体の声と向き合ってみるというのも宜しいのではないでしょうか。

以前に書いたルヴェールさんの記事も宜しかったら読んでみてください。



****************************************************************************
当ブログは ↓ の内容を知って貰いたく書いております。

糖尿病性足壊疽の切断を回避した証明写真(グロいです)

お時間ありましたら読んで頂けるととても喜びます。
*****************************************************************************