2018年10月15日 本日の鹿児島県北西部は雨のち快晴。


あぁ今日はニーチェの誕生日だなぁ・・・そうだカルボナーラ食べよう!なんでやねん!


紀文
この会社さんは糖質制限に積極的な会社さんで、「糖質0麺」はもうメジャー入りしてますね。普通にスーパーで買えるようになりました。そんな、紀文さんがお洒落な食べ物を世に送り出しておられました。それが、これ。

紀文 糖質0g麺 カルボナーラソース付き

IMG_20181015_073354

糖質量
気になる糖質量は 0.6g・・・・凄すぎですね。

IMG_20181015_073427

作り方
袋を開けたら、袋入りの「糖質0麺」を水気をよく切ってからカップに投入して、600wの電子レンジで2分温めます。我が家のレンジは500wなので2分30秒温めました。
そこへ、カルボナーラソースを投入して混ぜます。混ぜた状態が下の写真。ちょっと彩があれですが、あえて何も加えない状態の写真が良いでしょう。お好みで、粉パセリをかけたり、別途作成した具を絡めたりすると見栄えはよくなると思いますし、素晴らしい器を使用すれば至福の時は約束されるでしょう。今回はそのまま食べてみましたが、濃厚なチーズの風味も効いて美味しかったですよ。値段は198円だったかな確か。
IMG_20181015_074737

雑感
こういう食品群は本当に助かりますし、糖質制限の世界観を素晴らしいものにしてくれています。今日現在でスーパー糖質制限歴13カ月となりましたが、周囲の人の中には「甘いものを我慢している」とか「ご飯や芋を我慢している」という感覚で私を見ている人もまだいます。「糖質を体が欲しない」という事実をどう表現すれば良いのかに苦慮するのですが、ここはもう諦めも必要だなぁと最近は思います。旅行のお土産のお菓子や、差し入れのお菓子等、ことごとく頂かないので心象は悪いのかもしれませんが、そこはもう諦めて貰うしかないですし、私も、足を切りたくはないですからね。ただ、先日の大坂なおみ選手が糖質制限をしているというニュース以降は解ってくれる人も増えました。「大坂なおみさんのやっているアレです」って言うと「へぇ~」という反応もあったりしますね。そんな感じで、時代もちょっとずつ変わって行くのでしょう。ネットの世界ではいまだに、肯定派と否定派で喧々諤々やっていますが、自分にとって必要と思えばやればいいし、必要と思わないならやらなければいいという単純な話なので、興味を持たれた方は一先ずやってみれば良いのではないかと思うのですが、やはり、私は、糖質制限に詳しい医師との二人三脚での実践をお勧めしますね。血液検査しながらでないと、ケトーシスになっているかどうかとか判りませんので。糖質制限のリスクについて悩んでおられる方は「たがしゅうブログ」とか「新しい創傷治療」とか「ドクター江部の糖尿病徒然日記」で検索して内容を熟読されたら宜しいかと思います。糖質制限するにしても、しないにしても、自分の頭で考えて、納得して結論を導くことが大切ですし、そういう人なら肯定派も否定派も無く尊敬します。皆様は糖質制限という世界、どう思われているでしょうか。この秋の考察のテーマにどうぞ。


****************************************************************************
当ブログは ↓ の内容を知って貰いたく書いております。

糖尿病性足壊疽の切断を回避した証明写真(グロいです)

お時間ありましたら読んで頂けるととても喜びます。
*****************************************************************************